石野 容三Yozo Ishino

「容紀会」を夫婦で主宰。
絵画、工芸、デザイン、書、詩、歌などを八ヶ岳美術館、福井県立美術館
東御市立梅野記念絵画館、近鉄百貨店、大丸百貨店、銀座松屋百貨店
大阪美術倶楽部、近鉄アート館などで夫婦二人展として発表

作品紹介Shodo

龍虎

力強い私独自の筆使いにご注目ください。

「花咲く頃、不二の山」(自作)に合わせて漢詩を作り字を書きました。
明るい春のムードをお楽しみください。

教室案内Teaching

創作書画容紀サロン

日 時:土曜(月1回のみ)10時30分~13時30分

場 所:高槻市役所内 生涯学習センター 3F

書家よりひとことComment

「以心養気武道」宗家
芸術家としては総合的創作芸術を目的としている。
絵画(洋画、日本画)、工芸(織物)、書道(木筆、毛筆)、篆刻、リノリューム芸刻
俳句、短歌、長歌、詩、漢詩などをベースに総合芸術を目指している。
ホームページは「石野容三・紀美子の芸術と容三の武道」https://yozo-kimiko.com/
もしくは 古い編集のホームページですが、「石野容三ブログ」または「石野容三・紀美子HP」 http://yozo-ishino.ftw.jp をご覧ください。
号:迂翁、百酔翁、武翁、石翁、美樹